l'Assemblee HIROO

ラッセンブリ広尾

ヨーロッパ風の建物で贅沢な邸宅ウエディング

この建物は、大正11年日本郵船ロンドン支店長だった石丸助三郎氏によって建てられ、当時としては珍しいヨーロッパ風の建築です。かの有名な小説「人間の運命」を著した芹沢光治良が書生の時代に過ごした場所でもあり、芹沢光治良と親交のあった川端康成、有島武郎、久保田万太郎、林芙美子など錚々たる文豪たちも出入りしておりました。
邸内には港区の保護樹にも指定されたケヤキが三本もあり、このケヤキの木によって東京大空襲も免れたとの言い伝えもあります。
そして、これらは大正・昭和・平成の長い年月にわたり大事にされてきたもの。
フランス語で『集まる』という意味のl'Assemblée(ラッセンブリ)でゲストとアットホームで特別な1日を。

本物の邸宅ウエディング

『本物の建物・本物のインテリア・本物の空間創り』をコンセプトとしているラッセンブリ広尾。
たくさんの時間を見守ってきた築90年の邸宅は趣溢れ、細部までこだわり尽くされた特別な空間。
大切なゲストと特別な時間をお過ごし頂けます。

1日1組

贅沢に1日1組限定のウエディングを実現。
神社での挙式後の披露宴も時間が自由の為安心。
その他、お昼間はご親族様とのご会食、夜はご友人様とのパーティを・・・という2部制パーティも自由自在。

充実の設備

ドラマや雑誌の撮影でも使用される「ラッセンブリ広尾」
外観、テラス、エントランス・・・和装も洋装も合う写真スポットも嬉しい。
お2人のブライズルームの他、親族控室や着替え室もしっかりと完備しているのでゲストも安心。

フレンチ懐石

ラッセンブリ広尾では全てお箸でお召し上がり頂けるフレンチ懐石でゲストをおもてなし。幅広い年代に合う 料理だからこそアットホームな空間に包まれます。

プランナーのおすすめポイント

贅沢な邸宅ウエディング

大正11年に建てられた邸宅はどこか懐かしさの感じられる雰囲気。一歩足を踏み入れれば静かで落ち着いた空間にゲストもきっと安らぐはず。こだわりがたくさん詰まった贅沢な邸宅ウエディングを是非味わってください!

ウェディングメニュー

ラッセンブリ広尾が自信をもってお勧めするお料理のおもてなし。 ゲストの方々にご満足いただける、 食材からこだわったフレンチ懐石。

メニュー例
Trésor(18,000円コース・税抜)

前菜

フォアグラのパフェ、ポルチーニの庵
海老とパプリカのムース
サーモンと野菜のキャベツ巻き
クリームチーズの味噌漬け
旬魚の棒寿司
鮑の天婦羅 旬菜の天婦羅

お造り

真鯛とうに・ぼたん海老のお造り だしジュレを添えて

魚料理

平目のブレゼ 野菜とジュレのソース

肉料理

黒毛和牛フィレ肉のロースト マデラ酒と山葵の2色ソース

お食事

ブイヤベースのリゾット仕立て

デザート

白ごまのブランマンジェ、
ガトーショコラ、季節のフルーツ
コーヒーもしくは紅茶
料理
フレンチ懐石 フレンチ
料金
13,000円(税抜)~/1名様
会場
ラッセンブリ広尾
住所
東京都港区南麻布5-2-3
アクセス
地下鉄でお越しの場合
◆日比谷線広尾駅3番出口 徒歩4分
人数
着席20~50名
立食30~90名
お料理
フレンチ懐石
着席:13,000円(税抜)~/1名様
立食:10,000円(税抜)~/1名様
飲み物
着席・立食:3,000円~
挙式
教会式/人前式/宴内人前式(晴天時にテラススペース有)近隣神社(代々木八幡宮・金王八幡宮等)後の披露宴もお勧め
設備
メインダイニング/テラス/着替室2室/ブライズルーム/親族控室/御化粧室/音響機材一式/クローク
受付時間
昼 受付10:30 式11:00 披露宴11:30~14:00
夜 受付16:30 式17:00 披露宴17:30~20:00
宿泊
優待価格にて近隣ホテルをご紹介
その他
ウエディングスタッフが必要となる全てのアイテムのご相談に応じます

Contact

各種お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ03-6280-5174